購入する部位の種類によって食べ方を変えてみよう

一種類でたくさんの楽しみ

脚

味噌も身も楽しめます

冬になるとカニ漁の解禁となり、日本海の北陸を中心とした地域で、一斉にズワイガニが水揚げされるようになります。ズワイガニは、各地で基準を満たすものに特別な名前を付け、ブランドガニとして発売されていることから、さまざまな名前で呼ばれていますが、これらはすべてズワイガニなのです。そんなズワイガニは、オスは大型で立派な手足と甲羅が特徴であり、その中には甘さを感じられる繊細な身と、程よいコクのある味噌がたっぷりと詰まっています。通販で人気があるように、鮮度が良いものは刺身としても食すことができるだけではなく、その身を沸騰した出汁にさっとくぐらせれば、花が咲いたように縮れて、見た目にも鮮やかな一品になります。これらの商品は、通販でも大人気で、各通販メーカーが同様の商品を競うように販売しています。また、加熱することで一層甘みを増す身は、焼きガニにして味噌をつけて食べることもでき、かに好きにはたまらない一品になります。一方、メスはオスに比べると明らかに小型で、身の量では負けているものの、その代わり内子、外子といわれる卵を持っているというメリットがあります。このメスのズワイガニは、セコガニともいわれ、通販でも比較的安価で取引されるものの、根強いファンは多く、毎年漁が解禁になると、季節ものとして楽しむ人も多くなっています。このように、ズワイガニは、身を楽しむことができ、味噌も楽しむことができるということで、ズワイガニ一種類でそれぞれの好みに応じた調理法で楽しめるのです。そのため、正月など、みんなで食卓を囲む機会が多い場にはぴったりの食材といえ、通販では人数に応じた商品を見つけることができるようになっています。